のびのびの基地

ブログ

2017年4月19日 水曜日

子どもが “転びやすい”その原因は?

 

こんにちは!

成長戦隊ノビルンジャーカルシウムです。

 

先日、公園を散歩しているとこんな話を耳にしました。

 

「うちの子、最近よく転ぶんだよね」

「えっ!うちの子もよ。転んだ時にできるあざが消えないうちに

また転ぶなんてことも多くて・・・」

 

確かに、子どもの時って転びやすく膝に絆創膏を貼っている子もよく目にしますよね。

 

ひょっとしてこのブログを読んでくださっている方の中にもお子さんが転びやすく悩んでいるお母様がいるかもしれない…と思い何が原因なのか調べてみました。

 

【子どもが転びやすい原因】

その1:頭と体のバランスが悪い

その2:足が小さく安定感が悪い

その3:筋力・体力の低下

だそうです。

 

その1・2は成長するにしたがってバランスがとれていくので

そんなに心配しなくてもいいと思いますが、その3は親御さんの方で

ちょっと気をつけてあげる必要があるかもしれません。

 

それは、その3の筋力・体力の低下というのは新型栄養失調という

栄養不足が原因かもしれないからです。

 

【新型栄養失調って聞いたことありますか?】

現代の日本は、食べものがあふれている飽食の時代なので

栄養失調になる子供もほとんどいなくなりました。

 

でも、最近ではおなかいっぱいに食べているのに栄養が極端に

不足してしまう「新型栄養失調」が増えているそうです。

 

食べているのに栄養失調になるというのは、どういうことでしょうか?

 

その答えの一つは偏食が考えられます。

 

また、食べ物に好き嫌いがない場合でも、食生活の乱れから、

栄養不足になる子供もいます。

 

ファストフードやスナック菓子、菓子パンなど身の回りには

おいしい加工食品が溢れているので、日本人らしい栄養価が高い食事

きちんと食べれている子どもが少なくなっているのも事実です。

 

たまになら心配しなくてもいいと思いますが簡単に食べられるものは

カロリーが高くて栄養が低いというものが多いため気を付ける必要があります。

 

成長期の子どもは大人に比べて、たくさんの栄養素を摂取しないといけません。

 

必要な栄養素が足りないと、脳の発達が遅れたり、身長が伸びず、体重も減っていきます。

そして筋力や体力がつかないというような状況になってしまうようです。

 

そうならないためにも、栄養バランスのとれた食生活が、子供の強いからだを作る

ということを忘れずに、毎日の食事内容に気を配ってあげてくださいね。

 

そうすれば、

「転びやすくて心配…」というお母様のお悩みも解決に向かうかもしれません。

 

 

そして日々の栄養補給のサポートとして力強い「成長戦隊ノビルンジャー」

これからも毎日の習慣として続けていただけたら嬉しいです。

 

 

以上、カルシウムでした。

投稿者プロフィール

カルシウム
カルシウム
成長戦隊ノビルンジャー
ブルーを担当するカルシウムです。

好きな食べ物はカルシムが豊富な
小魚と牛乳です。

私からは成長に必要な”知識”を
紹介していきます。

TOPへ戻る